FC2ブログ

Amazon USAで売れた物1

Amazon
03 /03 2014
どうも、月曜日になりました。週末、正確に言えば金曜日から体調不良で倒れてました。。もっと正確に言えば、体調不良ではなくぎっくり腰になって寝込んでました…。。この時期は気を付けないとほんまに危ないっす。若くても年老いても関係なくぎっくり腰はやってきますのでお気を付けください。。

さて、そんな寝込んでる間に売れたものがありました。やっぱりというかそうやよね~と思ったのがこちらです!





ネスカフェのドルチェグスト専用の抹茶ラテの専用カプセルです!やっぱり、外国人には抹茶が受けるんですね~
というか当然といいますか…

いくらで売れたかは内密にしときます( ´艸`)

まだ継続して売ってるのもあるので( ^ω^)


申し込んだその日からネットショップオーナーに!

カラーミーショップ







スポンサーサイト

仕事は楽しいかね?

Amazon
02 /16 2014
僕は仕事でよく病みます。特に心が。それは鬱とかではないのですが、仕事に対してと自分に対して求めるハードルを極めて高く設定してしまうからです。他の人ができることを自分ができないとひどく病みます。そして仕事が自分に向いてないとか仕事を辞めてしまいたいとネガティブな方向へ思考が進んで行くことがよくありました。ただ、今は違います。まだ多少病むことはありますが過去と比べるとぐっと改善しました。それは一冊の本に出会ったからです。



僕はこの本に出会って何度も自問自答をしました。今までこの手の自己啓発本を読むと大体は成功者の自慢話しかなく、結局根本的に心に響く本はありませんでした。けど、この本のマックスに出会って考え方が変わりました。
「明日は今日と違う自分になる。」このフレーズは僕の心に深く刻まれました。少しずつでも実践していくと簡単に思えたこの言葉は簡単ではないことに気づきました。今もまだ仕事が楽しいとは思えません。つらいです。けど、今日と違う自分に明日なろうと考えると次の日が楽しみになります。だから日常生活は楽しくなったと実感してます。出版から10年以上経ちましたが今、この病んでる社会でまさに必要とされる本ではないでしょうか。










勇者たちへの伝言 いつの日か来た道を読んで

Amazon
02 /11 2014
週末は基本的に読書をします。
3-4冊は読みます。なぜか?
知識がほしいからです!飢えてます!
あとは趣味だからです。

そんな僕が先週土曜日にふらっと立ち寄ったショッピングモールの本屋で大々的に宣伝してた本を見つけました。
それがこれ 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




最初は手に取ってかなり悩んだんです。なんだかどうせ甲子園に関するありきたりな話しやろうな〜って絵だけ見て決めてました。けど、実際にパラパラと中身を見てみるとなんだか違う感じがしたので買いました。

舞台は西宮北口が中心。住んでたこともあり、何かと親近感が湧くのですいすい読めます。

この本は僕の中で衝撃的だったのは在日朝鮮人の話しです。
日本人がブラジルを始め、世界恐慌の時代に南米に渡ったのと同じような境遇だと感じました。
何よりも今の時代のこの日本ではまともに想像することができない世界です。
色々なことを考えさせて頂きました。

人生について深く考える機会を与えてくれる本やと確信してます。
何か本を読みたいな〜って方いましたら一度手に取ってみるといいかもしれません。










ホリエモンの本を読んで

Amazon
02 /09 2014
2006年、当時大学で最後の年をなんとなく過ごし始めた僕にはちょっとした大きなニュースでした。

          「ホリエモン、証券取引法違反の容疑で逮捕」

当時、ライブドアと言えばラジオや球団買収のネタで大いに色んな意味で注目の的でした。
このライブドアを率いていたのが堀江貴文さん、世間では「ホリエモン」と呼ばれてました。
ただ彼の商才は豊かで僕の大学の講義にも上がったことがあります。
そしてその当時、僕は「楽天の三木谷社長、村上ファンドの村上社長、ライブドアの堀江社長の三人は日本の経済に風穴を開けてくれるkey personだ」と講義の題材に基づいて発表したことがありました。

それから半年後、堀江さんは様々な力が彼を陥れるために働き、逮捕されたような感じでした。次に村上社長も逮捕。なんだか出る杭は日本の社会においてまだまだ打ちのめされるのだと学生ながら痛感しました。

あれから約7年経ち、堀江さんも刑期を終えてまたこの世界へと戻り、少しずつ少しずつ元気な姿を見せてます。
そんな彼が語った当時の思いを含めての赤裸々な告白本。



どんなことが書いてあるのかな?とちょっとわくわくしながら読みました。
僕の中で堀江さんは経営の才があるスーパースターのような存在でしたので何かすごいこと、おもしろいことが書いてあるんじゃないかと思って読みました。けど、そうではなかった。

この本を読んで堀江さんもただの僕たちと同じ人間なんだなということを改めて認識される一方で、自分の人生をもう一度考えてみようと力をくれる本でした。

この本に出会って勇気をもらうことができました。もし何か悩んでる人、先が見えない人がいたらぜひ読んでほしいです。もちろん、就活生には特に読んでほしいと強く思う本です。










伊坂幸太郎さんの「首折男のための協奏曲」を読んで

Amazon
02 /09 2014
週末はよく読書します。3-4冊は買って読むのが好きです。

ジャンルはなんでもこいです。フィクション/ノンフィクション/マンガ/雑誌/エロ本等々。(エロ本は買いませんけどね…)

気分転換によく読むのがフィクション小説。空想の世界にはまりこめるので結構好きです。
その中でも伊坂幸太郎さんの小説が最近一番のお気に入り。

[広告どす]
今ならcousinにアフィリエイター登録2,000円プレゼント! http://cl.twiad.info/XnvFTSn

この本を読んでの感想は一つ一つの独立した話しにちょっとずつ前の話しの登場人物がかぶって話しが少しずつ前後しながら繋がっていくところ。

「ああ〜そうなったか〜」とか

「あ〜こういうことか」って

読んでいけば読んでいくほど、まるでスルメでも噛むかのように面白みや興味深さが生まれてくるんです。

本来は隠しときたいけど、でもこんなおもしろい本、ぜひ読んでほしいですね。
めっちゃくちゃおすすめです。読書好きな人、何か本読みたい人、ぜひ読んでみて下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓










BingビールToshy

貿易に対する知識だったり、普段の生活でのうんちくだったりをみんなのお役に立てるように披露していこう〜というゆる〜い日記です。よかったら絡んで下さいな〜Twitter始めてます→https://twitter.com/toshywashy

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。